乾燥を防いで、艶やかな髪になりたい!

ヘアオイルの効果いろいろ

ヘアオイルは、髪の表面に膜を作って髪の乾燥を防ぎ、髪に艶やかな質感を与えてくれます。
しっとりとしてまとまりやすくなるので、スタイリングもしやすくなります。
また、ヘアオイルは熱に強い性質があり、髪を熱から守ってくれるので、ドライヤー前につけるのもおすすめです。
ヘアオイル自体に髪を補修する成分はありませんが、髪に蓋をして、トリートメントなどのケア成分を閉じ込め、その効果を持続させてくれます。
くせ毛で髪の扱いに手を焼いている人や、梅雨時期などの湿気で髪が広がってしまうような時などには、ぜひヘアオイルを試してみてください。
髪のうねりや広がりをおさえて、扱いにくい髪のスタイリングをしやすくしてくれます。

自分にあったオイルを見つけよう

ヘアオイルには、植物性のオイルから作られたものと、鉱物性のオイルから作られたものがあります。
鉱物性と聞くと、身体に悪いようなイメージがあるかもしれませんが、決してそんなことはありません。
鉱物性オイルには、シリコンや香料を配合した商品もあり、ヘアオイルにとっては不得意分野である傷みのある髪で使っても、しなやかな手触りの髪に仕上がります。
また、お好みの香りを楽しむこともできます。
植物性のオイルには、椿油、ココナッツオイル、オリーブオイルなど、様々な種類があります。
植物由来のオイルは、肌が弱い方でも、安心して使うことができます。
オリーブオイルやココナッツオイルといった食用となっているオイルもありますが、精製の方法などが違うので、使うときは、ヘアケア用のオイルを使いましょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る