使い方が一番のポイント!効果的な使い方

使い方で大きく変わる効果

ヘアオイルもヘアクリームも、使用量、つけ方を間違えると、べたついた仕上がりになってしまいます。
どちらも、薄く髪全体に広げて付けるようにします。
一度にすべての量を付けようとせず、2,3回に分けて付けていきましょう。
まず手のひら全体に伸ばし、毛先、髪の内側に伸ばしていきます。
髪の表面にだけつけると、特にベタっとした印象になってしまうので、最後に手に残った分を髪の表面に付けていくと上手くいきます。
髪をこすると、キューティクルを傷める恐れがあるので、揉みこむように付けていきます。
濡れた状態の髪に付けた方が、伸ばしやすく、ドライヤーの熱からも守ってくれるので、タオルドライをした後の使用がお勧めです。
シリコン配合のヘアクリームは、頭皮近くには使用しない方がいいでしょう。

健康的な髪を手に入れるには

ヘアオイルは、頭皮のマッサージに使うこともできます。
頭皮に使用するオイルは、シリコンなどが配合されていない、植物性のオイルが良いでしょう。
椿油やホホバオイルがおすすめです。
シャンプー前の乾いた状態で、オイルを頭皮になじませ、指の腹を使って頭皮全体をやさしくマッサージしましょう。
自分で気持ちいいと感じる力加減で行い、頭皮が傷つくような強さにならないよう気を付けます。
その後、ぬるま湯で洗い流し、シャンプーします。
オイルは油脂となじみやすいので、頭皮の皮脂汚れを浮かせて、落ちやすくしてくれます。

髪は、基本的にはすでに死んでしまった細胞です。
健康的で美しい髪を目指すなら、髪のケアも大事ですが、根本的な解決ではありません。
頭皮のケア、また、健康的な髪を生やす規則正しい生活やバランスの取れた食事にも気を配りましょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る